気持ちが曇って、なんだか、やる気が起きないときは

雨のせいでもないだろうけれど、
なんだか、気持ちが薄曇り、
何もやる気が起きない、というときがありますね。
そんなときは、「落書き」。
b0209395_14151588.jpg
黒ではなく、明るい色、好きな色で。
何も考えないで、ぐしゃぐしゃ、ぐるぐる、
ただただ、描いたり、塗ってみたり。
b0209395_14150142.jpg
カラフルな色は、心も明るくしてくれるから、
思う存分に描いたら、気持ちも軽くなります。








[PR]
# by mieart | 2017-05-10 14:24 | how to

くらべない

5月は、
職場や学校などで、新年度から新しい環境に入った人は、
当初の緊張感がほぐれ、入れ違いに、
少々疲れを感じる時期でも、あるでしょうか。

新しいことを始めるのも、かなりのエネルギーを要しますが
それを続けていくことも、結構、大変、ですよね。
b0209395_22131248.jpg
なんだか、
周りの皆の方が、素晴らしく見えて
自分が、つまらない感じに思えてしまったり…。

色鉛筆画のクラスでも、
「自分は〜だから、ダメなんです」
「いやぁ、もう、みなさん、すごいから〜」
などという声を、耳にするときがあります。

人間だから、やっぱり、他の人の絵が気になる。

それは、そう。
でも、気にはしても、呑み込まれないで。

比べない。較べない。くらべない。

自分は自分。

色鉛筆は、色とりどりですが、
黄色には黄色の良さ、赤色には赤色の良さがある。

他の人の素敵な所をみつけたら、それを参考にして、
もっと、自分ならではの色を磨けば、良いのです。

大丈夫。
あなたは、あなただから。
他の誰でもない。

描きたいものを、描きたいように、描いたら、
もう、それは、自分自身。

存分に、思うように描くことです。
そうして、自分を作っていけば良いのです。





[PR]
# by mieart | 2017-05-01 22:50 | classroom

「できない」を「できる」に変える方法

やりたいことがあるけれど、
「私には、無理だから…」などと
つい、自分で自分の心の中にハードルを作ってしまう場合があります。
b0209395_11355188.jpg
「私にはできない」という思い込みが大きく膨らんで
「どうせ」「私なんか」「だって〜だから」などと…。
ネガティブな考え方がクセになって、
できない理由を考えて、
やらない自分を正当化しようとしてしまったり…。

「できない」を「できる」に変える方法
それは、

1、少しでもそれに近づく方法を、調べたり考えたりする
2、その中で、今の自分に出来ることは、何か
3、できそうなことから、とにかく、やってみる

そして、それを続ける、ということです。

クッキーを、ひとかけら、一口づつ食べていたら
気づいた時には、全部食べていた、というふうに。

初めは、なかなか、上手くは、できないかも知れません。
それでも、粛々と、続けていると
自分で「これは、いいかも」と思える時があります。
そしてまた、淡々と、続ける。
やがて、振り返ってみれば、
前よりは、「できる」に近づいています。

人間だから、
いつもいつも頑張って、前向きに努力して、
というわけにもいかず
「あーもう、今日は疲れちゃったよ〜」という時もある。
休養も大事。
しっかり眠って。
目が覚めて、ちゃんと栄養を摂取したら、
また、きっと、元気が出る。

たしかに、努力すれば全てがうまくいく、というわけでもないけれど、
こうしたい、こうなりたい、に近づこうとしていくことは
とても、大切なこと。

やりたいことに向かって努力できることが、
幸せなことだと感じています。

[PR]
# by mieart | 2017-04-22 11:55 | how to

きょうよう と きょういく

クラスの受講生は
職場や家庭での仕事が一段落した方など、人生の先輩が多いので、
雑談の中から「勉強になります」と思うことがよくあります。

ある時、その方は
「私達のような年代は、きょういく と きょうよう が必要なの」
とおっしゃいます。

「教育と教養。
 皆様、クラスを複数受講していたり、
 色々見聞を広めてらっしゃるから…」
と思っていると、さらに続きがありました。
b0209395_12152632.jpg
「きょういく と きょうよう。
 今日行く所がある、今日用がある。
 というのが、とても大切なの。」
というわけです。

なるほど〜。

本当に、私自身も、
クラスで皆様とご一緒させていただくことを、
とても楽しみにしています。

理由や動機は人それぞれですが
絵を描くのに、年齢は関係無い。
子供だけが、無心に絵を描くのでもないし、
多感な青年だから、感性鋭いわけでも無い、
と思っています。

絵を描くのは、誰でもない、その人自身。
「描きたい気持ち」が一番大事と思います。



[PR]
# by mieart | 2017-04-06 12:26 | classroom

「好き。」だから始める、だから続けられる

もうすぐ、4月。新しいことを始めたくなる季節。

でも、「新しいこと」って、
その、「最初の一歩」が、なかなか…ということがありますね。
b0209395_17105605.jpg

慣れていることは、何も考えなくても、手足が勝手に動いてくれますが
慣れてないことは、どうも思うように体が動いてくれない感じがします。

気持ちを作ってからなどと、「やる気」が出てくるのを待っていたり、
なにかと理由をつけて動かないと、さらに入口が遠くなるようです。

あれこれ考えて足踏みしているよりは、まず、やってみること。

いきなり、複雑なものに挑戦しても、ハードルが高いですから、
まずは、できることから、簡単なところから始めてみます。

そうすると、
手を動かした軌跡が線になって、それを見て、もっとこうしようと考えて、、、
気がつくと、いつのまにかスイッチがオンになっています。

クラスでは、一応、テーマや課題を設けておりますが
それは、技法などをお話しするきっかけのためだったりもします。
テーマに沿うも沿わないも本人次第。
b0209395_17111101.jpg
初めての方、体験トライアルの方は、
「簡単な形の野菜または果物」を持参していただき、それをモチーフとして描きながら
画材の使い方や描くときの留意点など、基本的なことを体験します。

徐々に、好きなものを好きなように描けるようになることを目指します。
写真のように実物そっくりに描くことを目的にしているのではありません。

たとえ同じリンゴを描いても10人10色。
「自分だけのリンゴ」が描ければ、それは、かけがえのないものです。



[PR]
# by mieart | 2017-03-28 17:38 | how to


絵を描くための目+脳+手。 あらい美惠子のノートです。


by mieart

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

news
exhibition
motif/spring
motif/summer
motif/autumn
motif/winter
motif/other
classroom
tool & materials
how to
about

タグ

(50)
(45)
(26)
(16)
(13)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(2)
(2)
(2)

検索

最新の記事

気持ちが曇って、なんだか、や..
at 2017-05-10 14:24
くらべない
at 2017-05-01 22:50
「できない」を「できる」に変..
at 2017-04-22 11:55

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

画像一覧